カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

洗浄効果の検証

ホタテ貝殻焼成粉を使っての検証


軽石に生えたカビはホタテ貝殻焼成粉で落ちるだろうか?

ガンコな軽石の凸凹に入っているカビを落とすことができました!
ホタテ貝殻焼成粉でつくったアルカリイオン水の効果が実証できました!



口臭予防歯磨き剤『美息美人』を使用し、洗面台の頑固なカビは落ちるだろうか?という実験をしてみました。
その検証です。あなたの目でお確かめください!

カビ汚れには、めっぽう強い口臭予防歯磨き粉「美息美人」でした!



口臭予防歯磨き剤『美息美人』で急須の茶渋は落ちるだろうか?

口臭予防歯磨き剤『美息美人』を使用し、果たして急須の頑固な茶渋は落ちるだろうか?という実験をしてみました。
茶渋やコーヒーのシミは、歯に付着すると研磨剤が入っている歯磨き剤でも中々取れないものです。
そんな頑固な汚れに挑戦してみました。



口臭予防歯磨き剤『美息美人』で、こんな汚れ落としにもチャレンジ!

口臭予防歯磨き剤『美息美人』を使用し、長い間使っていなかったチューブにカビが繁殖したので試しに磨いてみると...
思った以上に効果がでたので、開発者の私も驚いています。


油汚れを落とす実演

「美息美人」でうがいをすると、お口がスッキリするって本当?

本当です!

焼肉揚げ物など油こいものを食べた後って

お口の中がネバネバして嫌ですよね。

そんな時に、コップ一杯の水に「美息美人」の粉を入れ

ブクブクうがいをするだけで、油が取れてしまいます。

美息美人のイオンパワーを検証するために

「美息美人は油を分解できるか?」

という実験を行ってみました。

はたして…

(デモ動画)『美息美人』は油性マジックでも消せるか?

美息美人の洗浄パワー恐るべし!

水歯磨き剤『美息美人』はホタテ貝殻を100%使用しているため、歯磨き粉を水に溶かすとアルカリイオン水になります。

アルカリイオンには汚れを落とす力があることは良く知られています。

今回のチャレンジは、『美息美人』は油性マジックの落書きでも消せるだろうか?という試みでしたが、

これを見れば、「やっぱり!」と、うなづけるビデオです。

ホタテ貝について

ホタテ貝

ホタテ貝

ホタテ貝は帆立貝、ほたて貝とも読まれます。

そんなホタテ貝ですが、由来はというと…

「その殻の一片は蓋のようになっていて、赤貝やハマグリ等とは違う…
 殻の一枚は船のようで、もう一枚は帆のようにし、まるで風に乗って走る帆船のようである。このことからホタテ貝と呼ばれるようになった。」 (江戸時代の和漢三才図会より) とあります。
 また、アイヌの伝承には、帆を立てた形で集団で海を移動するとの話が残っていますが、事実はわかっていません。

ホタテ貝の生息地と成長

ホタテ貝は、日本では本州の能登半島以北、東北地方、北海道、オホーツク海にかけて分布し、水深5m〜30m位の綺麗な海の砂礫底で育ちます。殻は1年で2cm、2年で6cm、3年で9cm内外に成長し、10年近く経った殻は20cmを超えるものもあります。
通常2〜3年ものを漁獲しているそうです。
一年を通して出荷されますが、卵が大きくなる3〜4月(主に垂下式養殖もの)、
貝柱が大きくなる8〜9月(主に地撒き式もの)に多く水揚げされます。

そして、大きく育ったホタテ貝はみなさんの食卓に

刺身用の新鮮な帆立貝

刺身用の新鮮なホタテ貝です。

ホタテ貝の刺身 新鮮なホタテ貝の場合は、刺身が絶妙です。

ホタテ貝のBBQ ホタテ貝のBBQ

ホタテ貝は、鉄板焼きや網焼きなどBBQには欠かせない材料ですね。

栄養がいっぱい

ホタテ貝にはタウリン・蛋白質・亜鉛・ビタミンBがたっぷり含まれています。堅い貝殻に守られて育ったホタテはあっさりした味わいとヘルシーさで子供から大人まで誰もがおいしく食べられる海の幸。刺身はもちろん、煮ても焼いても美味しさは変わりません

またホタテ貝には眼や脳の働きに良いと注目されるタウリン、低脂肪で消化も良い良質の蛋白質、味覚障害を予防し現代人に不足しがちな亜鉛、貧血予防に効果があるビタミンB1・B12などがたっぷりと含まれています。しかし、ウロと呼ばれる部分(中腸腺)には微量のカドミウムが含まれる為、食さないほうが良いそうです。


ホタテ貝殻を食品利用

ホタテ貝殻を焼成し、貝殻表面のタンパク質を除去した後、炭酸ガスと反応させて再合成した高純度の炭酸カルシウムや、未焼成による炭酸カルシウムが開発されている。平均粒度2〜3μmという微粒子のため、分散性、食感、吸収性に優
れているのが特徴。

原料はカルシウム強化食品のほか、加工食品の品質改良や日持ち向上にも利用できるなど、用途拡大が進んでいる。

そんなホタテ貝ですが、貝殻は大量に廃棄処分され環境問題になっています。

これがホタテ貝殻を廃棄してできた山です。

ホタテ貝殻の廃棄の山

ホタテ貝は年間約52万トン(東京ドームの半分に相当する量)が東北、北海道で産出され、これに伴い、年間約21〜25万トンの貝殻が廃棄されています。その廃棄処分されたホタテ貝殻の処理が問題になっています。廃棄され続けるホタテ貝殻を有効的に利用するため、現在、各方面で研究開発が行われています。

ホタテ貝殻の再利用

ホタテガイの貝殻は、カルシウムに富むことから、学校で使うチョークやトラックラインを引く粉に加工されるが、高価なことがネックとなり需要の拡大には至っていない。また、粉砕して、主成分の炭酸カルシウムを精製し、酢酸を加えた酢酸カルシウムは環境に全く影響を与えない融雪剤として注目されてはいるが、コストが数倍になるため主要道路や国道などの一部道路に利用されるに留まっている。

しかし近年、青森県八戸工業大学の研究により、貝殻を粉末にして特殊な熱処理を施すと殺菌、消臭、除菌等のいろんな機能があることがわかってきており、幅広い応用が期待されている。現在でもシックハウスの対策として、壁および床材として日本国内で販売されており、水虫薬としてはアメリカでもIRBの承認を受けて "MOIYA" 名称で販売されている。この水虫薬は水虫の本場であるアメリカの新薬の治験でも、市販されている他製品に比べ7割以上の患者が、良いとの高い評価を下しており、日本でも個人販売で購入することができる。

ーWikipediaより

今まで廃棄物として山積みされていた貝殻を有効利用し、しかも環境にも優しい自然の素材ということで、今後の応用分野が広がっていくことが期待されている。

ホタテ貝殻の検証

上林歯研究所でもホタテ貝殻焼成粉100%でつくられた美息美人をつかって様々な実験をしてきました。

納豆菌のネバネバは、「ほたて貝殻歯磨き粉のイオン水で落ちるだろうか?」という実験です。


納豆のネバネバは、ホタテ貝殻焼成粉のイオン水で驚くくらい落ちたのです!

次は、軽石に生えたカビはホタテ貝殻焼成粉で落ちるだろうか? という実験です。




ホタテ貝殻焼成粉からつくったイオン水は、軽石にできたカビでさえ落とすことができたのです!


次はホタテ貝殻焼成粉100%の口臭予防歯磨き剤『美息美人』で急須の茶渋は落ちるだろうか?とい実験です。



ホタテ貝殻焼成粉でできるイオン水は、タンパク質だけではなく茶渋などしつこい汚れでも容易に落とすことができました。